桑の木滝へ

テーマ:ブログ
 「桑の木滝へ」

 天気が良いのでちょっと出かけてきました。以前から見に行きたいと思っていた。桑の木滝へ行って来ました。でも、その前に気になる場所にも道草してきました。

 木津呂という地区があります。先日、NHKやCBCで山の上からの映像が放映されていて、是非、行って見たくなりました。ただし、今回は山の上からの景色はお預けです。道案内をしてもらわないと難しそうです。それに、少し体重を減らさないと・・・。
 途中で崖の吹きつけ工事をしているようです。狭い道なので工事の邪魔をしてしまいました。帰りに途中で車を止めるとエンジン音がします。ジェット船がやってきました。この地区をぐるりと回るように走って行きます。川に囲まれた、本当に面白い地形ですね。
 

 今度は荒滝へ。半年ぶりかな? 新緑が綺麗ですね。今日は下の方に虹が出ていました。
 
 
 次は楊枝薬師へ向かいます。この道は初めてです。狭い道ばかり走ってきたので楽ちんです。知らない所へ出かける時にはストリートビューで下調べしておきます。何かと便利ですね。
 
 途中のお墓で


 
 楊枝薬師

 

 


 今度が本命の桑の木滝です。新宮に向けて走り、途中で右折れします。少し広くなった場所に車を止めて、橋を渡り、500m程度歩きます。
 この辺りは、何かしらお墓が目に付きます。
 

 少し歩く距離がありますね。カメラリュックに三脚、ストック、足元は軽登山靴に履き替えました。準備をしている時にバイクが先に橋を渡って行きました。
 
 ようやく滝に到着すると、バイクの男性は対岸に渡っていて、長いこと滝を見入っていました。外国人のようです。日本語は分からないと言います。お国は何処と聞くと「スペイン」だと言います。日本は2回目のようです。バイクで来たので、てっきり日本に住んでいるのだと思っていました。明日は熊野古道を歩くそうです。

 
 ズームレンズの広角端で撮っているので離れているように見えますが、実際は結構な迫力で目の前に滝が落ちています。向こう岸から撮りたかったのですが、荷物を背負っていると難しいです。反対側にも道があるようなので、次回はそちらから行ってみたいと思います。

 此処へ来る途中で対岸に滝が見えたので、来た道を戻って浅里地区まで走りました。この道は二度目ですが、以前より明るくなった気がします。ただ、狭いのは変わらないですね。飛雪の滝も見る予定だったのに、うっかり通り過ぎてしまいました。わずかな距離でも戻るのが面倒で、そのまま帰ってきました。

 熊野の獅子岩の前に大きい岩があります。南側から走ってくると、人の顔のように見えませんか?